2010年07月01日

ブラジリアンワックス脱毛は痛そう

ブラジリアンワックス脱毛(だつもう)は、ブラジリアンビキニワックス脱毛やビキニ脱毛とも呼ばれ、ビキニラインの部位を含むワックス脱毛の一種である。この脱毛、肛門、会陰、および外性器(大陰唇や男性の生殖器、そして恥丘)ちかくの毛を完全に削除(外性器の上部の陰毛を小さな線状に残すこともありますが、ほとんどの場合は残さないこと)。 女性がTバックビキニの水着を着用するために実施することになったもので、Tバック発祥の国ブラジルから命名された。後の男性に対しても行われるようになった。 手順他のワックス脱毛と同様に、脱毛をする部位に温めたワックスを薄く塗ってのばしをその上に綿の布で向かって引っ張って剥がします。これはソフトワックス(ハニー /オイル)と呼ばれるものを使用している場合である、ハードワックスと呼ばれるのは布を当てて固くなってきたワックスをそのまま引きはがす。したがって、ワックス、毛、そして皮膚表面の死んだ皮膚細胞が除かれる。皮膚に与えるダメージを抑制して痛みが少なくて開発されたブラジル脱毛専用のワックスも販売されている。 この種の脱毛法の利点は、かみそりの支持を出さないために、毛の再生を遅くしているのだ。また、不利な点としては、体の最も敏感な部分ごとに実行するために、脱毛からしばらく肌が赤くなる場合も多い。 ビキニライン、恥丘の陰毛を脱毛する場合は、ベッドにあおむけの姿勢をとり、足の間の部位はそのまま開脚して脱毛をしている場合が多いが、国や店によって方法はまちまちである。会陰部や肛門周囲の脱毛は四つんばいの姿勢をとるのが普通である。しかし、最近では、横になって実行する店もあり、下半身は何も身に着けていない場合が多いのですが、何もはいていないことによって不安感や羞恥心を解消するために、腰にゴムバンドを布が左右にスライドできるように作られた使い捨てのTバックのパンティーを着て、脱毛の部位にのみ公開するように布を押しても実施されることができます。下着を着ているかどうかに関係なく、医療レーザー脱毛 大阪を受ける者のプライバシーが保証されている必要がし、相互信頼をもとにリラックスした雰囲気が重要である。 恥丘の上に一定の幅だけ毛を残す場合などには、脱毛しない部分に紙などを置き、その周囲を脱毛する。一定の形(例えばハートスートの形など)に毛を残す場合も同様であるが、ワックス脱毛していない残りの毛や生え際部分はピンセットを1つずつ抜いて表示する。 ピンセットで残りの頭部を取り除くにされている側面とは、苦痛が必要以上にワックス剤を塗り、何度も剥がす行為を繰り返すよりも皮膚の損傷が少ないのでいたしかない。脱毛後の肌に残っているワックスを除去し、また、鎮静効果のあるローションを塗ることもある。
posted by saori38334 at 18:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。