2010年07月09日

眉毛とまつげのお手入れ

動物学的眉眉毛はほとんどの人間に独特である。まつげは多くの哺乳動物では見ることができますが、元の多くの哺乳動物の顔が毛だらけで、眉は区別できない。顔の毛がないことは、霊長類の進化の傾向であり、チンパンジーやゴリラは、他人の顔があり、眉毛はない。 美容文化に眉眉毛は目元だけでなく顔全体の印象を左右する部分であるので、昔から化粧の一環として、眉毛を好きな形に整え、引眉などの活動をしてきた。 眉毛のメイクは眉墨で詳しく述べている。 漫画の表現の眉 眉毛の形は感情表現に非常に重要である。漫画ではそれを利用して、眉毛の形を大げさに変更するための感情表現を明確にすることができます。例えば、両端をつり上げ、眉間にしわを寄せれている場合の怒りが、両方を下げ、目を細めれている場合の快適さを演出。または眉をねじれに困惑を表す言ったあり得ない形も、表現を表すのに使用されている。 呼称眉間(みけん)...左右の眉毛と眉毛の間 眉頭(まゆがしら)...眉毛の中の部位 眉山(まゆやま)...アーチ形の眉毛の屈曲部 眉尻(まゆじり)...眉毛の外側の部分 慣用表現 眉唾(まゆつば)...だまされないように注意すること。眉唾物(まゆつばもの)...事実がない奇妙なもの。騙される心配がある。 眉を上げる 眉をひそめる まつげは瞼(まぶた)の端に育つ体毛。英語では"アイラッシュ(eyelash)"。日本語表記は、"睫""まつ毛""睫毛"などがある。 特徴まつげは眉毛とともに目の周辺に特に発達した体毛である。眉毛は人に独特のものですが、まつげの様々な哺乳動物、あるいはそれ以外の動物を見ることができます。 一般的な体毛より太く、長さが備わっており、上下のまぶたに3〜4列の幅を持って生えている毛の上瞼が下瞼よりも長い。通常反り返っ目から離れる方向に曲がる。まつげは、ほこりなどの異物が目の中に入ることを防ぐ役割があり、上部が発達しているこの機能に関連しているようだ。 また、猫とネズミのひげの機能と同様に、接触を非常に敏感に検出する機能があり、反射的にまぶたを閉じるなどの行動に直結している。これは、眼球を保護するのに有用である。 人間のまつげは胎児の7番目の週から8週連続で伸びて開始され、不足している場合は、4週間から8週間の周期や生え変わる。色は髪の色と必ずしも同じとはいえず、髪の毛よりも少し明るい色になる傾向が見られる。
posted by saori38334 at 16:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。