2010年07月06日

手術前の処置に毛を剃ること

男女問わず、化粧の技法で眉毛をそり落とすことは一般的に行われている。女性は昔から眉を落とし、眉墨細い眉毛を描く場合が多い。威圧感を与える顔にする剃ることもある。もちろん、男性も化粧で眉毛を描く人は少なからず存在している。 このような面に関しては、文化的にあまり差は見られない。毛育つ部位は東西を問わず同じであるためだが、欧米人は毛の色が目立つので、脇を処理しない女性がいるとも言われる。 剃ることの意義 手術前のプロセス手術前に剃ることは19世紀に広く行われていた。 手術前の処置に剃ることは、手術部位感染を防止する手術を行うときに邪魔にならないようにすることを目的とされる。これは、毛に雑菌が繁殖しやすいになってきたためである。しかし、最近の研究で、剃るよりも電気クリッパや脱毛剤による除毛のほうが手術部位の感染が抑制されることがわかってきた。剃刀の剃ることは、皮膚の表面をこそげ落とすために微細な傷を残すため、細菌の感染を助けてしまうためである。このため、かみそりは、除毛はしないほうが手術部位の感染が少ないという報告がされている。もう1つのレポートでは、脱毛しないほうが感染のリスクが低いともされている。 そのため、最近では、特に手術に支障が生じる場合を除いて、剃りは実施して、脱毛剤による脱毛や脱毛をせずに手術をすることもできる。 その他男子レスリング日本代表は残念な結果に終わった試合の悔しさを忘れないために、敗戦後、剃毛の習慣がある。 2007年渋谷区短大生切断遺体事件は、死体の臀部には陰毛を剃られた状態で発見された。弁護側はこれを根拠に(犯人だとする)被告人が、過度の潔癖症だと主張している。 プロ野球選手の中田翔選手も試合に集中するために、バリカンで剃毛をしている。中田選手によれば、他の選手も剃りをしているというのだ。
posted by saori38334 at 12:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。