2010年07月02日

ほぼ全身の体毛を剃ることができる

腋毛濃度、育つの面積等は、個人差が大きい。腋毛があることにより、脇の部分に汗が残ってそれが腋臭の原因の1つになっていますが、これを元の腋毛の役割とする説もある。また、一般的な理由ではないが、皮が薄く血管が近い部分であるため、熱を保存する機能と肌を傷付けることを防止する機能などが考えられる。 進化的意味脇には猿においてはむしろ毛の薄いところだ。サルの種類の母は子供を腹側にしがみつかせて移動し、そのときにとって容易な所に腋毛が進化したという説が出てきたことがあったが、上記のような事実に反するため、ほとんど振り返らずされていない。性成熟に連れて発達しているのを見ると、むしろ陰毛などと共に匂いを保持するなど性的な意味があるという説もある。 一般社会の腋毛 現代は、西欧社会を中心に多くの女性が化粧だけでなく、定期的に腋毛を剃る脱毛 大阪が慣例となっている。それまでは、女性が髪、眉毛、まつげを除いて、ほぼ全身の体毛を剃ることができるローマ帝国時代を除いては、長く腋毛を剃る習慣がなかったが、1915年にアメリカの女性ファッション誌"Harper's Bazaar"に掲載された広告記載されては、"Summer Dress and Modern Dancing combine to make necessary the removal of objectionable hair"(サマードレスとモダンダンスは、望ましくないの毛を取り除くこと)という文がきっかけとされて以来、安全かみそりの発明では腋毛の剃りが一般化行ったとされている。まず、アメリカ、カナダでは一般的に第二次世界大戦後の西ヨーロッパに普及して、1990年代の冷戦崩壊後、旧東ヨーロッパに普及した。 さらに、イスラムの場合は、宗教的浄化の意味で、男女とも腋毛を剃る習慣がある。 日本では大正時代から、まずダンスホールで肩を露出する夜会福を着用する上流階級の女性を中心に腋毛の剃りが普及していた。谷崎润一郎の小説"痴人の愛"(1924年)も"洋服を着るには腋の下を剃るもんよ、此処が見えたら失礼じゃない"と、既にそのような習慣があったことを示す一文がある。しかし、一般女性に普及することは一般の女性の多くの衣服を身に着けるようになった太平洋戦争後である。特に、1950年代、米国で流行したノースリーブが日本でも紹介され、普及されているときに、同時に腋毛を剃る習慣も普及、さらにノースリーブを身に着けていない女性も、日本人特有の集団心理に拍車をかけることもあり、女性のたしなみに一般化するに至った。 漫画アニメなどでは腋毛は、原則的に男性も省略して表現するのが普通であり、成人向けのマニアックなものや剛毛ということを表現するために、腋毛自体を描くことが目的ではない場合は、あえて描かれることはほとんどない。男らしい剛毛記号で胸毛やすね毛が描かれているキャラクターにも腋毛ないのがほとんどである。
posted by saori38334 at 14:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。